野菜だより  2016年3月[春号]

野菜だより 2016年3月号
【特集】憧れの大玉トマトづくり
千葉県の有機農家・林 重孝さんに、有機栽培で育てる絶品の大玉トマトを教わります。
絶品の味で大収穫を実現するには3つの秘訣があります。○おいしさの秘訣:初期生育時から根を最大限増やす
○病虫害対策の秘訣:梅雨明け直前まで無肥料で育てる
○大収穫の秘訣:芯止めせずに横倒しにして仕立て直すさらに、成功率を上げるために「林 重孝 流 トマト育苗術」も紹介。
根が多い苗を育てるための、秘技“寝かせ鉢上げ”を大公開!

菜園家必見! 名人たちのスゴ技が満載の家庭菜園誌

【季節の野菜づくり】ジャガイモ栽培大検証

初春といえばジャガイモの植えつけの季節。
でも、ジャガイモの栽培法はいろんなやり方があってどれが最善なのかわからないという方のために、
実際に比較検証した結果をレポートします!

検証1:マルチあり栽培vsマルチなし栽培
検証2:丸ごと植えvsカット植え
検証3:直植えvsポット育苗
検証4:植えつけ前の芽かきvs植えつけ後の芽かき

【農具を深掘り】プロが教える鍬(くわ)の基本

畑しごとに必要な農具といえば鍬ですが、何気なく選んで使っている人も多いのではないでしょうか。
今回は鍬マイスターの相田 聡さん(相田合同工場4代目社長)に、自分に合った鍬の正しい選び方と使い方のコツを伺いました!

【新連載】福田流 ノンストップ超混植栽培

家庭菜園の達人・福田 俊さんの新連載。
16平米の市民農園を120%活用するさまざまなテクニックを毎号あますところなくご紹介します。
第1回は「1年間使える長持ち畝のつくり方」です。

【別冊付録】土壌微生物がみるみる増える 究極の土づくり講座(B5判・オールカラー32ページ)

病虫害に負けないおいしい野菜が育つ“究極の土”は、たくさんの土壌微生物がつくりだします。
三浦伸章先生が編み出したガッテン農法流の土づくりを実践すれば、1年目の畑でも土壌微生物がみるみる増えて、
無農薬かつ少ない肥料で元気な野菜が育ちます。
今年の夏野菜のための土づくりでぜひ試してみてください。


野菜だより 2016年3月号[春号]

本体970円+税

野菜だより 2016年3月号

野菜だより 2016年3月号

野菜だより 2016年3月号

野菜だより 2016年3月号


野菜だより 2016年3月号[春号]

本体970円+税