野菜だより 2016年11月[冬号] 

あなたの使っている「堆肥」は「いい堆肥」ですか? 野菜づくりで重要な「土づくり」に欠かせない「堆肥」を深掘りします!

4910188471164

【特集】徹底比較 いい堆肥、悪い堆肥

土づくりには堆肥が不可欠、というのは家庭菜園を楽しんでいる方なら誰でも知っているとは思いますが、買ってきた堆肥を使えば土がよくなると思っていませんか? 実は売られている堆肥には質の悪いものもあります。おいしい野菜をつくろうと堆肥を畑にまいて一所懸命に土づくりをしても、「悪い堆肥」を使っていたら逆に野菜が育たない土にしてしまいます。では、「いい堆肥」と「悪い堆肥」をどうやって見極めればよいのでしょうか。今号は堆肥の見極め方から堆肥の種類と効能、使い方のコツ、名人たちの堆肥づくりまで、徹底的に堆肥と土づくりを解説します。

  • 特集の主な構成

Part.1 堆肥を見極める(堆肥の品質テスト/堆肥の種類と効能/編集部おすすめ安心堆肥)

Part.2 いい堆肥で土づくり(堆肥は土の表層に施す/量の目安を守る/新規の畑で土づくり/粘土質の畑・砂質の畑で土づくり/未熟な堆肥は改良して使う)

Part.3 名人たちの堆肥づくり(落ち葉堆肥/有機物マルチ堆肥/1年熟成・もみ殻鶏ふん堆肥/雑草堆肥/改良バーク堆肥)

 

4910188471164-in03

4910188471164-in04 4910188471164-in05

【季節の野菜づくり】冬越し野菜の驚きワザ

ソラマメ、エンドウ、ラッキョウ、イチゴなど、年を越して育てる冬越し野菜の栽培手順と、野菜が元気においしく育つ名人の驚きワザをご紹介します。

4910188471164-in06 4910188471164-in07

【季節の野菜づくり】楽しさ2倍! 菜っ葉と菜花の遅まき栽培

中間地や温暖地では、今からでもコマツナなどの菜っ葉類がつくれます。菜っ葉類は、葉を収穫せずに年を越すと翌春に花を咲かせる種類が多く、その花も「菜花」としておいしく食べられます。家庭菜園ならではといえる、菜っ葉と菜花の両方を楽しむ栽培方法をご紹介します。今さら聞けない「トウ立ち」のメカニズムも解説します。

4910188471164-in08

【季節の畑しごと】根菜類の保存テク

秋にたくさん採れる根菜類をいかにおいしく保存するか、ベテラン菜園家に教わります。ダイコン、ニンジン、ショウガ、サツマイモ、ジャガイモ、サトイモの短期・長期保存テクニックを掲載。

4910188471164-in09

【別冊付録】2017年 菜園手帳(B5判・オールカラー52ページ)

毎年読者に大好評の本誌オリジナル菜園手帳です。2017年1年間のスケジュール帳と、畑のプラン図が描き込めるノートで構成されています。スケジュール帳には、月の満ち欠け、二十四節気が表記されており、天気、気温の記入欄もありますので、月齢や旧暦を参考にしながら1年間の計画や結果を記録することが可能です。

4910188471164-in10

4910188471164-in11 4910188471164-in12

 

btn_shop

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

野菜だより 2015年9月号[秋号]