野菜だより 2017年3月[春号]

“スゴい畝”なら夏野菜がもっとおいしく、もっとたくさん採れる!

4910188470372

【特集】徹底図解 スゴい畝のつくり方

畑 で野菜をつくるとき、誰もがする作業のひとつが“畝(うね)づくり”です。では、なぜ畝をつくるのでしょうか。じつは、畝にはさまざまな役割があり、畝づ くりの手順や高さを変えるだけで野菜の味をよくしたり、収量を増やしたりすることができるのです。今号は、畝の基本から各夏野菜の栽培目的に合わせた“ス ゴい畝”のつくり方を徹底図解します。(監修・木嶋利男)

  • 特集の主な構成

木嶋流 畝づくりのポイント その1:土がよくなる『2度耕起』/その2:“土壌環境”と“目的”で変える『高さ』

畝を立てる、その前に! 畝のQ&A

夏野菜別 スゴい畝のつくり方:トマト/キュウリ/ナス/トウモロコシ/エダマメ/サトイモ/カラーピーマン

4910188470372.IN03 4910188470372.IN04 4910188470372.IN05 4910188470372.IN06

【アイデア苗づくり】ガッテン農法 究極のミニ畝育苗術

夏 野菜の苗づくりでよくある失敗が、ヒョロヒョロと徒長した苗になってしまうことです。これは、日当たりや水やりが適切でないために起こる失敗です。そこ で、畑の一角を使って小さな苗床をつくって育苗する「ミニ畝育苗術」を紹介します。家庭菜園なら十分な数のナス科、ウリ科の苗をいっぺんにつくれる育苗ワ ザです。

4910188470372.IN07

【季節の野菜づくり】驚きのタネまきワザ

気温がまだ低い時期に始める春植え野菜づくりのポイントは、初期生育をいかによくするかが成功の秘訣です。三浦伸章先生のタネまきワザを使えば、初期生育が格段によくなります。

4910188470372.IN08

【季節の野菜づくり】ネギ名人になる!

冬に旬を迎える長ネギや葉ネギのタネまきは春。有機栽培でつくる絶品ネギのつくり方をマスターして、ベテラン読者たちがやっているネギの“エンドレス”栽培に挑戦してみよう!

4910188470372.IN09

【別冊付録】有機質肥料使い方ガイド(B5判・オールカラー32ページ)

無 農薬の家庭菜園で利用したい、有機質肥料の正しい使い方を1冊にまとめました。有機質肥料は野菜に直接与えるものではなく、土の微生物に与えるものです。 野菜が育つ土をつくる手助けをしてくれるのが有機質肥料なのです。各有機質肥料にどのような特徴があり、どのように使ったらよいのか、有機質肥料をそのま まではなく、ボカシ肥料にして使うのがなぜよいのかなど、有機・無農薬栽培で野菜をつくりたい人は知っておきたい肥料の知識が満載です。(監修・涌井義 郎)

4910188470372.IN10 4910188470372.IN11 4910188470372.IN12 4910188470372.IN13 4910188470372.IN14

btn_shop

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

野菜だより 2015年9月号[秋号]