野菜だより 2017年7月[夏号]

その水やりちょっと待った! 野菜への水やりをなんとなくやっていませんか?

水やりのコツを掴んで、もっとおいしい野菜を育てよう!

4910188470778

【特集】徹底図解 水やりの極意

野菜の生長に欠かせない「水」ですが、野菜(植物)と水の関係をあまり理解してない人が意外と多いのではないでしょうか。露地栽培では基本的に水やりをする必要はありませんが、味をもっとよくしたり、収量を上げるための水やりのテクニックがあります。今号の特集では、夏野菜を中心に、いつ、どこに、どのくらいの水をあげればよいか、豊富なイラストで徹底図解します。(監修・木嶋利男)

  • 特集の主な構成

・Part 1 畑の水を知ろう

・Part 2 夏野菜 水やりの極意

・Part 3 秋冬野菜と越冬野菜 適切な水やりでもっとおいしく!

 

4910188470778.IN03 4910188470778.IN04

4910188470778.IN05

【季節の野菜づくり】家庭菜園の達人・田中さんちの秋採り野菜づくり&秋冬野菜の育苗ワザ

化学肥料と農薬に頼らずに、おいしい野菜をつくり続けている家庭菜園の達人・田中寿恭さん。失敗を防ぐ達人ワザをわかりやすくポイント図解します。ニンジン/秋ジャガイモ/インゲン/サツマイモ 【秋冬野菜の育苗ワザ】ハクサイ/キャベツ/ブロッコリー/カリフラワー/タアサイ/レタス 【イチゴの苗採り】

4910188470778.IN07

【季節の野菜づくり】有機栽培だから味わえる おいしいイタリア野菜

巷でも人気上昇中のイタリア野菜は家庭菜園でも注目を集めています。イタリア野菜専門農家さん直伝の栽培のコツから、菜園家に人気のトキタ種苗の「グストイタリア」シリーズの楽しみ方まで、おいしい食べ方も合わせて紹介します。

 

4910188470778.IN08

【季節の野菜づくり】ふっくら大粒のエダマメづくり

ダイズの中でも高級品として有名な丹波篠山産の黒大豆。エダマメで食べても絶品で、短期間しか採れないため“幻の味”と言われています。家庭菜園でこの味を再現するべく、3つの栽培法を比較実験しました。これさえ読めば、今年は大粒で味のよいエダマメが味わえます!

 

4910188470778.IN06

【別冊付録】お酢の驚き活用術(B5判・オールカラー16ページ)

料理に使う醸造酢や園芸用の木酢液は、野菜の病虫害予防や生育促進の効果があります。今号の別冊付録は、ガッテン農法の三浦伸章先生が推奨する、お酢のさまざまな活用術を1冊にまとめました。うどんこ病が消え、アブラムシもいなくなる驚きの活用術をぜひ試してみてくだい。(監修・三浦伸章)

4910188470778.IN09 4910188470778.IN10

btn_shop

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

野菜だより 2015年9月号[秋号]

banner468_60final